タロット占いの【得意・苦手】

『占い』と聞くとあなたは何を思い浮かべますか?今日の運勢、あなたの本当の性格、etc…ではタロット占いはどんな事が出来るのか?他の占いの違いをみてみましょう。

~タロット占いの得意分野~

 

1.近い未来を見るのが得意

 

タロット占いは「今どう行動するのか?」に焦点をあてた占いです。というのもタロット占いは「過去・現在・未来」とみることができますが未来に関しては半年以内の近い未来までしか見ることができません。自分の選んだ道がどんな未来につながっているのか?を知ることができるのですぐ行動したい人にオススメの占いです。

 

2.人の気持ちを見るのが得意

他の占いでも人との相性を見ることは出来ますが、「相手が何を考えているのか」までわかるのがタロット占いです。なので恋愛に関する占いや職場の人間関係を知りたい時などに活用できます。「人からどう思われているのか、そしてこれからどうなりそうか」を占う事で今後の対策を練ることができます。

 

3.選択肢の中から選ぶのが得意

自分の中でいくつも選択肢があってどの道を選べばいいか悩んでいる時はタロット占いが適しています。この選択はこんな未来になりそうと予測をすることができるので答えが見つかりやすいです。

 

 

タロット占いが恋愛に強いのは有名ですが、実は仕事面も有効に活用できます。ではタロット占いの苦手分野もみてみましょう。

 

~タロット占いの苦手分野~

 

1.遠い未来を見るのが苦手

 

タロットは今どうするかに特化しているが故に「今はまだ動かないけれど5年後に行動を開始しようと思っています」という場合には向いていません。遠い未来を知りたい場合は統計学の占いが適しています。例えば生年月日を使った『西洋占星術』や『四柱推命』、『手相占い』も統計学です。

 

2.自分以外の事を見るのが苦手

タロット占いは人の気持ちを見るのが得意と言いましたが、今ココにいる人と近い縁はくみ取ることが出来ますが「都会にいる子供の事を占ってほしい」や「何年も前に別れて以来一度も会ってない人との事」等、自分から遠すぎる縁は占う事が出来ません。

 

3.漠然としているのは苦手

タロット占いは自分が認識している事を占います。なので「自分にはどんな仕事が向いていますか?」「私の運命の相手はどこにいますか?」等といった自分でもわからないモノを占うことはできません。

 

まとめ

タロット占いは「今、ココ」に特化した占いです。占いをうまく活用するなら、どんな占いにも得意・苦手がありますのであなたが何を占いたいのかによって占いを使い分けるとよいでしょう。